FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< TDW. 2012 | TOP | いろとりどり >>
musicircus
1.jpg

ロック、サンバ、演歌、アブストラクト、チンドン屋、パフォーマンス、舞踏、フォークミュージック、クラシック、大道芸、ジャズ…
古い市場=マーケットで繰り広げられる音楽。

ジョン・ケージが考案したコンサート形式である「ミュージサーカス」が、足立区にある中央卸売市場 足立市場で行われた。

コンサート会場は、コンサートホールでも、ステージと客席があらかじめ決められた屋外音楽会場でもなく、ただ無条件に広大な空間性をもった魚市場。
市場のなかのさまざまな場所で、200名あまりのミュージシャンやパフォーマーが、音楽や、あるいは身体を使い、指定された時刻に同時多発的にパフォーマンスを行う。ただそれだけである。観客はそれら演者のあいだを自由に歩き回り、ときに音楽に聴き入ったり、休息をしたりする。

かつてサティは、楽器でも音声でもなく、市場の雑踏や大砲の音など、街の賑わいを音楽に取り入れることで、アノニマスな都市というものを音で表現した。
ミュージサーカスはコンサートがもつ形式と、パフォーマーと聴衆という関係そのものを解体する。ケージは音楽にサーカスの演者と演目における複層的な関係性を導入することで、コンサートホールでの音楽の体験よりもっと自由な方法で、音楽と人と場所とをつなぐことを試みたのだろうか。


「音まち千住の縁」
http://aaa-senju.com/
music | permalink | comments(0) | -
comment