FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 言葉は燃えているか? | TOP | 美術としての写真と映像 >>
反復と反響

京都でCenter for COSMIC WONDER がキュレーションを手がけたエキシビションをみた。場所は京都駅からみて北の方、京都精華大学内にあるギャラリー、ギャラリーフロール。

「ORGANIC RELATIONSHIPS〜反復  反響する次世代へ」は、7組の作家によるCOSMIC WONDERのアートプロジェクトだ。

出展作は、 Jue and Anoaは現代美術家の前田征紀とサウンドアーティスト田中真由美のユニットで、宙に吊るされた二つのスピーカーによるサウンドインスタレーションを展示。フィールドワークにより蒐集された環境音とアコースティック楽器による演奏がサラウンドシステムにより空間に反響する。木村友紀は摩天楼の風景のなかにくりぬかれた人の眼による、まばたきとフラッシュがループする映像作品を展示、前田征紀の「Light-Sound System」では、天井から吊るされた片面シルバーで着色された木片で空間を空疎で満たした。Jay Chunng&Taeki Maedaはハンス・ウルリッヒ・オブリストの1000ページにおよぶインタヴュー集によるアーティストブックを、写真家のAnders Edstromのインクをこぼした様を写し取った写真作品は、本来「染み」になるこぼれ出したインクを液体状に、モノ自体である物質のまま、瞬間を記録する装置である写真をつかって固着させることに成功している。Stephen Sprottはアンビエントな映像作品を、それと、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、ジェイ・パーカー・ヴァレンタインの作品をみることができる。

これらはすべてCenter for COSMIC WONDERのフィルターを通さなくても作品として充分な力をもつことができるが、Center for COSMIC WONDERのフィルターを通すことでより強固な力をもつことになる。

余談だが、京都精華大学ではこの10月には本展の主役でもあるCOSMIC WONDERの前田征紀や、芸術家・建築家・批評家らを招き、空間に関する連続レクチャーシリーズ「可能性の空間」を開催し、身体、環境、建築などを主題に空間を巡る議論を展開するそうだ。


ORGANIC RELATIONSHIPS〜反復 反響する次世代へ」の会期は、2011年10月15日まで。
art | permalink | comments(0) | -
comment