FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 周縁と中心 | TOP | 反復と反響 >>
言葉は燃えているか?
1.jpg

茅場町の雄、森岡書店で写真家・鈴木理策さんの写真展が開催中です。
鈴木さんの写真展を森岡書店で開催することは、少し前にうかがっていて楽しみにしていたのですが、昨日丸の内を中心に開催していた建築展UIAの帰りにフラリと茅場町まで足を伸ばしたところ、開催中の鈴木理策さんの写真展をみることができました。
会場にはちょうど鈴木さんも在廊されていて、鈴木さんの写真の魅力について、そして震災における写真家の考え方について少しお話をうかがう機会を得ました。

今回の作品展は銀座の現代アートギャラリー「ギャラリー小柳」の協力のもと実現したとのこと。森岡書店のような小さなギャラリーで鈴木さんの写真を間近にみるなど、めったにない機会です。オーナーの森岡さんに感謝です。

展示されている作品は、緑や花、水辺の景色など、夏も終わりかけの、今の季節にぴったりな風景写真でした。とくに印象的だったのは、湿地帯のちいさな水たまりに植物が自生している様を写し取った作品。あたりの静けさが緑や自然の豊かさとともに伝わってくるような写真でした。
風景をどこか独特な視点から写し取る鈴木さんの写真は、自然をめでる日本人ならではの心と、古今東西の現代アート作品と同等な、作品としての強さが同居しています。単なる風景写真にはない、空間のなかに充満している物質を写し出した写真だからでしょうか。

展示作品は、「言葉は燃えていた」という、ロシアの詩人アルセーニイ・タルコフスキーの詩編と、その息子で映像作家であったアンドレイ・タルコフスキー(「ノスタルジア」や「サクリファイス」などの作品で有名)の作品に導かれて撮られてそうですが、写し出されたものの背景にある濃密さは、そんな言葉と映像の強さに由来していたのかと思うとなんとなく腑に落ちるところがありました。

森岡書店では一般発売に先がけて、鈴木理策さんの写真がおさめられたアルセーニイ・タルコフスキーの詩集「白い、白い日」(Ecrit)も入手することができます。
会期はあさって10月1日まで。僕ももう一度訪れてみてみたいと思っています。ぜひ多くの人にみていただきたい写真です。


鈴木理策展 「言葉は燃えていた」
アルセーニイ・タルコフスキーについて

〜2011年10月1日(土)13時〜20時

Photograph | permalink | comments(0) | -
comment