FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< Approaches to What? | TOP | 周縁と中心 >>
男祭り


個人的な本にまつわる知的データのアーカイブス、『何に着目すべきか?』終盤の山となった、男祭りの巻。

左側からユトレヒト江口さん、ランドスケーププロダクツ中原慎一郎さん、六次元中村さん、Glyph.柳本浩市さん、エイトブランディングデザイン西澤明洋さん、建築家谷尻誠さん、アーティストの古賀充さん、ラウンダバウト小林さん。

小林さんのしりとり本からはじまって(最後はゴクミ語録)、中原さんのまっとうに人生を生きた人びとの記録の書と詩の朗読、中村さんのいまをポジティブに生き抜くサバイバル本、柳本さんの3.11以後にこそ読み返してみたい本セレクション、西澤さんの元気がでる起業家本、谷尻さんの建築家の本棚、考えることを考える本、古賀さんの紙をめぐるリサーチのアイデアツール。

そして、圧巻は江口さんの歴代有名冒険家によるエベレスト登山に関する意識調査。江口さんは、「ちょっとそこまで」とエベレスト登山に向った冒険家の石川直樹さんの著書タイトルにインスピレーションを受けて、エベレストの標高8,849メートルを走る「ご近所8,849メートル走破の旅」をプレゼンテーション。音声付きの憔悴しきっていく自身のセルフポートレートが会場のスクリーンに大写しになると会場全体大爆笑。そして感動。

ご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。


プロジェクトデータ2011:「何に着目すべきか?」
2011年9月3日(Sat)
時間:13:00-22:00
場所:アサヒ・アートスクエア4Fホール
入場無料

http://asahiartsquare.org/?p=2537
http://sosososo.com/approches-de-quoi/

books | permalink | comments(0) | -
comment