FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< SUNDAY | TOP | Approaches to What? >>
「何に着目すべきか?」

9月3日に浅草のアサヒ・アートスクエア(通称スタルクビル)にて「何に着目すべきか?」という、本と人にまつわるイベントを仲間とします。

フランスの小説家でエッセイストでもある、ジョルジュ・ペレックの「毎日起きては繰り返すもの、平凡なこと、日常的なこと、明らかなこと、ありふれたこと、月並みなこと、並以下のこと、あたりのざわめき、慣れきったこと、それらをどう説明すればいいのだろう。どう問いかけ、どう記述すればいいのだろう。」(「何に着目すべきか?」)という言葉をたよりに、ゲストやホストが選んだ本をめぐって、ゆるやかに繋がる創造の場。

会場となるのは飲料やビールなどでおなじみのアサヒの施設とあって、会場ではサーバーで飲むビールなどのお酒類も販売します。
下町浅草らしい地元のベタな総菜等を肴に、「角打」スタイルの立ち飲み、地べたに直接座って飲む直飲みと、くつろいだ雰囲気のなか、とびきり素敵なゲストをお招きしてのトークイベントです。

写真は、昨夜の会場下見風景。
普段はダンスやライブなども行なわれるイベント会場として、プロの設備の整ったこの施設に、本をめぐるゆる〜い空間が誕生します。

13時から21時までの長丁場ですが、いつ来場しても、何かが起こっている、そんな場をつくれればと思っています。

本と人、ものづくりに興味がある人であれば誰もが楽しめるイベントになるはずです。浅草散策、東京スカイツリー探訪をかねて、ぜひご来場ください。


「何に着目すべきか?」
日時:2011年9月3日(土曜日)13時〜21時
会場:アサヒ・アートスクエア(最寄駅:浅草駅)
入場無料

現在決定している当日ご出演いただく予定のみなさま (※随時更新いたします)
加藤賢策さん(デザイナー)斎藤歩さん(編集者)大原大次郎さん(デザイナー)江口宏志さん(ユトレヒト)伊藤暁さん(建築家)谷尻誠さん(建築家)長内綾子さん(デザイナー・キュレーター)古賀充さん(アーティスト)福林靖博さん(図書館職員)柳本浩市さん(コミュニティディレクター)森岡督行さん(森岡書店)西澤明洋さん(ブランディングデザイナー)熊谷彰博さん(デザイナー)中村邦夫さん(6次元)今井智己さん(写真家)山岸剛さん(写真家)afficeさん(キュレーター)assistantさん(建築家)氏原茂将さん(キュレーター)宮城太さん(アーティスト)

選書のみでご参加いただく皆様もいらっしゃいます。そちらの選書リストは当日会場にて掲示、発表する予定です。


企画・運営:橋詰宗・木村稔将・古賀稔章・加藤孝司
主催:アサヒ・アートスクエア
協賛:アサヒビール株式会社

http://sosososo.com/approches-de-quoi/

books | permalink | comments(0) | -
comment