FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 森田浩彰 タイムクエイク | TOP | 雑文 >>
雑文
1.jpg

 なんでも、とりあえずはじめてみることは大切だなあと思う。いま自分がなりわいとしている文章やデザイン批評に関しても、誰もが最初からライターでもジャーナリストでもないわけで、書く場所がないから書かないのではなく、何か伝えたいことがあるからまず書いてみる。それがこのFORMブログで、このブログを僕は5年ほど前にはじめました。

その頃はジャーナリズムというところとはかなり遠いところにいて、自分が好きなデザインには、街のなかにあるデザインショップでしか触れることができなかった。デザイナーという存在はまさに雲のうえの存在で、インタヴューすることはおろか、会うことすら出来ないと思っていた。

このブログを書き続けることで、それを読んでくれる人ができて、ブログを通じていまの仲間にも出会うことができた。ここに書き連ねた文章のようなものを、面白がってくれる人がいて、それをブログとは違うほかのメディアで読んでみたいといってくれた人がいた。そしてメディアでの仕事を通じてデザイナーや建築家といわれる人たちにも出会い、インタヴューすることもできるようになった。

つづく
Diary | permalink | comments(0) | -
comment