FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 廣島から広島へ。「8月6日に考える、HIROSHIMAとデザイン」 | TOP | Hiroshima 2020 Design Charrette 東京エキシビション開催! >>
HODC以後。

いよいよ明後日にせまったトークイベントの詳細を発表します。
8月6日に広島の中心でデザインや建築、そして広島と平和について考えることはとても意義があることだと思います。
皆さんと一緒に、新しい8月6日の価値について考えてみたいと思います。
8月6日に広島でお会いしましょう。


8月6日に考える、HIROSHIMA とデザイン

出演者:
小川文象、木原一郎、谷尻誠、谷村仰仕、西尾通哲、吉岡佑樹
モデレーター:
加藤孝司

20時開演〜テーマ「HODC以後。

・2010年6月6日HODCレポート(加藤・木原氏)
・HODC参加建築家による自身の提案の説明、HODC参加後の考え方の変化など(小川氏、谷尻氏、西尾氏)
・広島国際大学吉岡くんによる、7月17日のThe談vol.2「HODCを通じて考える広島の未来像」イベントレポート
・6月6日以降の、2020年オリンピック招致検討委員会の動き(木原氏)

フリータイム

21時〜ディスカッションテーマ「8月6日に考える、HIROSHIMAとデザイン

・HODCが広島とオリンピックに対して問題提議したことを考える(谷村氏)
・広島にそもそもオリンピックは必要か?
・8月6日に考える、広島と平和
・デザイン/建築の立場から考える広島市中心部の現状
・HODC以後、建築家の立場から考える広島という都市について
・広島の8月6日に新しい価値をつけるために


日時:2010年8月6日(金)開場19:30 開演20:00~22:00
場所:ANCHORET Furniture & Objects
   土橋町2-43 光花ビル101-2
            http://www.anchoret.jp
TICKET:1,000-

TALK | permalink | comments(0) | -
comment