FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< Zine's Mate, the Tokyo Art Book Fair 2010 | TOP | HODC以後。 >>
廣島から広島へ。「8月6日に考える、HIROSHIMAとデザイン」
ここのところ、広島の近世以降の歴史についての本や資料などを見返しています。
現在の広島を考えるとき、戦後の広島を無視することが出来ないように、戦後の広島を考えるには、戦前の広島を考え、知らなければなりません。

ちょうど8月5日から、現在の広島が「ヒロシマ」に、そして「ひろしま」、「HIROSHIMA」になる以前の「廣島」についての展覧会、「廣島から広島」が広島県立美術館で開催されます。

8月6日のトークイベントの前にこの展覧会をみて、過去の広島、そしてあの時の広島、そしてそこから繋がっている現在の広島について、建築とデザイン、そして都市をキーワードに考えてみたいと思います。

そして、Hiroshima 2020 Design Charretteが行われた6月6日以降の、広島市とオリンピックについての報告や、対話などもできればと考えています。

ぜひ皆さん、8月6日に広島の中心に集って、新しい8月6日の広島の価値を一緒に作りましょう。

1.jpg

8月6日に広島の中心でイベントを開催させていただくことになりました。
あの日から65年が経とうとしています。8月6日と8月9日という日にさまざまな思いを持っている人は多いと思います。僕は東京生まれの人間ですが、2010年8月6日が、広島の人たちにとって、これまでとは違った意味で新しい価値を持つような、そんな8月6日に出来れば、と考えています。ぜひご来場ください。

「8月6日に考える、HIROSHIMAとデザイン。-挑み続ける広島建築家七人の侍-」

出演:小川文象、木原一郎、谷尻誠、谷村仰仕、西尾哲通、吉岡祐樹、加藤孝司
日時 : 8月6日[金]
場所 : ANCHORET furniture & objects ART&SPACE
時間 : 19:30開場  20:00~22:00開演
TICKET : 1枚=¥1,000- [限定40]

本川をはさみ平和記念公園からもほど近い、広島の中心地にあるファニチャー&オブジェクトのショップ「アンカレット」。ヨーロッパを中心に集められたアンティークのオブジェクトたちがセンスよく並ぶ店内奥に、今回トークをさせていただく「ART&SPACE」というマルチプルユースなスペースがあります。
イベント当日8月6日の夜には平和公園の横を流れる元安川では、平和への願いをこめた灯籠流しが行われています。「HIROSHIMA」、そして「デザイン」について、一度しかない夜にみなさんと一緒に考えたいと思っています。

■TICKET INFO■
foo : 082-224-2540 後藤まで
dialogue press : 
dialogue@brown.megaegg.ne.jp ふるもとまで
今回も、僕の盟友、広島のdialogue古本くんとその仲間たちに運営していただきます。多謝。


TALK | permalink | comments(0) | -
comment