FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< dialogue | TOP | N Dialogue in Motoyama >>
御礼


ウィルクハーンショールームで開催された昨夜の「勉強会」。
いくつかのキーワードを羅列。
「つめたくて、そのくせ暖かい」
「オーディオのスイッチの配置。日本庭園」
「かんたんには言い切れないもの」
「林檎が住みやすい家。パンが生まれる工場」
「幾何学は中立、機能は幾何学のみでは成立しない」
「バウハウス。亀倉雄策。吉村順三。俵屋宗達」
「図学」
「80mm、立方体のなかにある図学」
「ひとつのテーブルの上に生活の道具を並べる」
「ちいさいけど、広い」


それがすべて二人のデザイナーのものづくりの姿勢にあてはまる。
それにしてもウィルクハーンの空間とそこに置かれている家具のすべては素晴らしかった。

word | permalink | comments(0) | -
comment