FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< カプセルホテルの新しいかたち | TOP | お買い物しナイト >>
Science Nonfiction ananas press exhibition


製本作家の都筑絵さんと、ブックデザイナーの山元伸子さんによるリトルプレスのレーベルananas pressのエキシビションが、茅場町にある古書店兼ギャラリー森岡書店で開催中。
ananas pressは先日こちらでも紹介したリトルプレス(=Zine)のトレードショーZine's Mateにも参加されてい御二人だ。
実は今回の森岡書店の展示で初めて御二人の活動を知ったのだが、ミニマルな森岡書店の空間とあいまって彼女たち二人の印刷を媒介にした世界観が言葉を越えて、すーっと僕の中に入って来た。
森岡書店に出かけると、ついつい店主の森岡さんにことわって写真撮影をしてしまうのだが、今回はいつも以上に、何枚も何回もシャッターを切ってしまった。

訪れた日は製本を担当されている都筑絵さんが在廊されており、創作の背景を伺うことが出来た。
Science Nonfictionと名付けられた展示のコンセプトは、今回のエキシビションの為に用意されたリトルプレスをみれば分かるのだが、ニュートン、ダーウィン、エジソン、アインシュタインといった偉大な科学者発明家たちがノートに残した、その発明のアイデアソースとなったという小さなスケッチと、彼らの言葉をananas pressによって丹念に選ばれた紙に印刷すること。

リトルプレスといってもそのコンセプトは作り手によってさまざまだが、彼女たちが手がける作品はアートブックのような佇まいをみせる、それ自体がアートオブジェのようにひとつの見事な作品になっているところが素晴らしい。
二人が選んだ偉大なる科学者たちの言葉は、創作を生業とするもの自ら選んだ言葉だけに、ひとたび物を作ること、言葉を紡ごうとする者の目に触れると、何かの化学反応を起こしたようにクリエーションの萌芽を芽吹かそうとするそんな刺激、そしてそんな矜持に満ちている。
その言葉に添えられる一見素朴なイラストのようにも見える先人たちのスケッチは、それが単純な点と線だけで構成されているだけに、それがどんなアイデアに基づき、いかなる発明に結びついたのか、それを見ているだけでこちらのイマジネーションが広がり、科学への興味がふくらんでいくように思えてくる。

今回の森岡書店での展示は、これまでこの空間で開催されてきたどの展示よりもこの空間に馴染んでいると僕には思えた。
作品とそれが展示される空間との幸福な出合いは、作品を作る作家、そしてその空間の主の幸せ以上に、何かの偶然でそこに居合わせた者に代え難い幸福な時間を提供する。今回の展示はそこに展示される作品の性質とあいまってとても静かなものだが、その静けさがもたらす幸福は、大仕掛けなギミックでももって人の心を揺さぶろうとするそんな試みよりも、もっと強く僕らの心に馴染んでくる。森岡書店の空間とともにぜひ体験していただきたいエキシビションだ。





exhitibition | permalink | comments(0) | -
comment