FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 光と影 | TOP | オープンハウス日和な >>
すみだ北斎美術館

墨田区北斎館(仮称)基本設計プロポザール(審査委員長、倉田直道氏)が開催され、3月20日に墨田区役所で行われた第一次審査通過者10名による公開プレゼンテーションと最終審査となる第二次審査の結果、最優秀者に株式会社妹島和世建築設計事務所案が選ばれた。
北斎館が建てられる墨田区は東京の東エリアに位置し、浅草や日本橋などの昔ながらの繁華街も近く、昨今では2011年に完成の新東京タワー通称東京スカイツリーが建設中など、これまで六本木や青山など西エリアに集中しがちだった都市開発の新しい流れを生み出しつつある、いま密かに活気のあるエリアである。

墨田区役所で今回のプロポザールの応募作品中、最終選考に残った10作品のパネル展示があると聞きつけ、早速出かけてきた。
墨田区のホームページや、本パネル展示会場に掲出されていた資料によると、本プロポザールには国内176名からの提案書の応募があったことが記されている。
建設地は先日の記事でもレポートしたように、墨田区内にあるJR両国駅近く総武線の線路沿いにある巨大な遊具のある緑公園に隣接した、現在区有地となるテニスコート。敷地面積は1,263.38平方メートル、わずかテニスコート二面分のコンパクトな敷地である。

最優秀案に選ばれた妹島和世建築設計事務所のデザイン案は、複数の建物がパズルのように組み合わさったような外観の、公園に面したエントランス部分に見えるくさび状のスリットが特徴の建築だ。
妹島和世建築設計事務所によるプレゼンテーションボードと、応募案に対する審査委員会講評を読むと、この案における公園と一体になるように計画された点や、ファサードのスリットから館内の様子が外から見通せるさま、外観の複雑な構成により内部空間に多様さを生み出すと同時に、その複雑さが町の景観を一変する力を持ちうること、見る角度によって様々な表情を見せる建物として多様性などが評価、あるいはデザインとして提案されていることが分かってくる。

例えば、ワンルームでありながら多様な空間としての表情をもつ企画展示室のイメージ。くさび状にあけられたスリットで公園とつながる1階部分のカフェやエントランスホール。外観上のアクセントにもなっている、高低のつけられた屋上部分に設けられた屋外テラスとつながる図書室。
随所に「外部」をキーワードに地域や周辺風景に馴染むことを、路地や縁側といった下町らしさと結びつけ、「内部」においても美術館という施設における展示される貴重な作品の自然光による悪影響と、維持管理に配慮していること。外壁を閉じながらも、この建築の多様な表情をつくっているデザイン上のチャームポイントでもあるスリットから、光をコントロールしつつ採り入れる案など、美術館という場所における管理された光を巧みに操作する必要性に対する検討と配慮が感じられた。

またパネルに描かれた北斎館における周辺の景色を映す金属パネルによる外壁のイメージは、先のSANAA.名義によるトレド美術館ガラスパビリオンと対比させてみることもできるような、下町に新しくつくられる建築と、その町並みとの連続した風景をつくり出すのだろうか?



JRの高架側、子どもたちが集う桜の樹が植えられた公園、テニスコートのある車道。この町は古くから職人の住む町だけに、建築とそれが在ることで変わっていく風景が、町並みだけでなく、この町で物を作りをする人々にいい影響を与えてくれる建築なのではないかと思った。

次点には、一階部分をピロティとして持ち上げ、そこにカフェやロビーを配置し、公園と地続きに連続し開かれたメインエントランスを持つ北山恒氏の案が選ばれている。
パネル展示をみるかぎり個人的には、透き通るファサードに抽象化された北斎画が、公園側や線路側に浮かび上がる、外観だけでも充分にアート性の高い四角い箱、外壁に透けるスロープをもつ小川晋一さんの案が印象に残った。

パネル展示と同時に正式名称も「すみだ北斎美術館」と決まり、これから4年ほどをかけて完成させるという。
今回のパネル展示はゴールデンウィーク前半の土日を含め、4月29日までの開催とのこと。場所は銀座線浅草駅からもアクセスの良い、隅田川沿いにたつ墨田区役所1階ロビー、すみだリバーサイドホール。
昨年末に同じくコンペ形式で隈研吾建築都市設計事務所案に最優秀案が決定し立て替えが決まった、浅草観光センターの最後の勇姿を見がてら、あるいはフィリップ・スタルクがデザインを手がけた「アサヒビール本社」も隣接しているので、下町建築探訪かねがね訪れてみてはいかがだろうか。



Architecture | permalink | comments(0) | -
comment