FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< The South Harbor Resort | TOP | 新世代建築家デザイナー100 >>
大阪京都ツアー EXPO'70編


一泊二日で大阪・京都へ。まず向かったのが1962年に入居がはじまった日本初の大型ニュータウンである大阪市郊外にある千里ニュータウン。モノレールと高速道路を谷にそれら交通網を囲むように小高い丘がひろがり、そこにはりつくように濃密な住居群がひろがる。そこには大小新旧さまざまなスケールの団地やマンション、最近では高層マンションや、ショートケーキハウスと呼ばれる一戸建てなどが混在している。
大都市周辺に立地するニュータウンは、日本の高度経済成長期とときを同じくして1960年前後、東京や大阪の大都市圏の郊外にイギリスやアメリカの郊外型住宅街をモデルにつくられた。この千里ニュータウンは日本の大型ニュータウンとしては初となるものといわれ、兵庫の六甲や須磨、大阪の泉北、神奈川の港北などその後生まれた東京や神戸周辺の同様の大型ニュータウンのさきがけといわれている。



モノレールや地下鉄が乗り入れるターミナル駅となっている千里中央駅前には、アミューズメントパークのようなアメリカ中西部の町をイメージしたようなテラスのついた典型的は郊外型のショッピングモールのある風景がひろがっている。
高速道路と平行して走るモノレールはこのニュータウンの周辺部に沿うように谷になった小高い山の淵をめぐる。万博開催当時はモノレールは開通しておらず、この一体は比較的交通の便の悪い地域であった。団地とグーグルマップからもはっきりと見える3つのガスタンクを越えると緑深い一体がひろがり、そこが1970年に開催されたEXPO'70の会場であり、現在万博記念公園となっている一体だ。
万博中央駅に近づくにつれまず目に飛び込んでくるのは、岡本太郎作となるこの万博のシンボルで現在残されている数少ない当時の施設である太陽の塔の姿だ。万博開催から40年の時を経て大きく育った木々のあいだから身をひとつ抜けてそびえる巨大な彫刻作品である。



記録映画や写真では何度も見たことがあるのだが、実物を目にするのは初めて。正直こんな大きなものだとは知らなかった。近づいて見てみるといっそう大きく感じる。この塔はプリミティブな人間の生命力を躍動感をもって表現したものと思われ、「人類の進歩と調和」をテーマに、世界各国が競って未来に向けた科学技術の粋を競い合った万博のなかでも、その見た目、コンセプトといい異質なものだったのではないだろうか。塔の足元は現在では芝生のひろがる広場になっているが、万博当時はお祭り広場という絢爛豪華なショーやパレードなどが行われたメイン会場がひろがっていた。
これまでも優れた都市計画を構想してきた建築家の丹下健三氏や、磯崎新氏、黒川紀章氏らが共同でてがけた太陽の塔を中心にする祭壇ともいえる広場は、今となってみれば原初の祭礼における宗教的なアイコンを中心にすえた、神秘的でなぞめいた儀式のようにもみえる。



太陽の塔と相対するように高速道路をはさんで向かいの丘にそびえていたのは、プリミティヴとは双璧をなす未来のバベルの塔、菊竹清訓氏が設計を手がけた天にも届くような強大なエキスポタワーだ。こちらはまるで宇宙ステーションのような構造むき出しの巨大な火の見やぐらのような格好をしていた。
展望台をかね建造されたこの塔は、中央には展望室に続くエスカレーターを備え登頂よりだいぶ下の場所に住居をかねた多面体のキャビンがいくつか備え付けれらている。丸い窓をもったこのキャビンは当時菊竹氏らが提唱していたメタボリズムの思想を反映させていた可動増殖可能な居住空間であり、このタワーは単なる万博のランドマークというよりは、未来の人間の居住空間を示すという意味合いが強いといわれている。

そのエキスポタワーは大阪万博終了後開場したエキスポランド(現在閉園中)の施設となり、色も万博当時の近未来的なシルバーではなく、赤と白のツートーンに塗り替えられた。
そのタワーは老朽化を理由に1990年に閉鎖。太陽の塔が永久保存が決まったのとは裏腹に、さび朽ちるままに放り置かれていたという。2002年にいよいよ撤去されることになったとき、一部のマニアをのぞき反対する者もほぼなく静かにその役目を終えた。
そのエキスポタワーの廃材の一部をアーティストのヤノベケンジ氏が譲り受け、アートオブジェ「タワー・オブ・ライフ」をつくっていたことは知っていた。そしてそれがエキスポタワーの跡地のコンクリートの上に備え付けられているこも何かの資料で見たことがある。

今回そのエキスポタワーの跡地を、万博公園の広大な敷地を高速道路とモノレールの線路をはさみ、今は動くことのない遊具がひっそりと静まり返るエキスポランドの敷地にのこる人のあまり通ることのない、果てしなくながく続く急な階段をのぼり見に行ってきた。



小高い丘の頂上につくと、ここにたどり着くまでの長い階段にも設置されていたエキスポランドの白い柵が左側に続き、中央の幅10メートルほどの自由通路をはさんで右側にも同様の白い柵があり、その向こうがそれほど広くはない空き地になっている。一見そこがエキスポタワーの跡地とは分からなかったのだが、柵越しになかをのぞいていると何やらスペシフィックな銀色のオブジェが潅木の横に無造作に転がっている。三角のパネルに半円形のドームがはめられたあまり大きくないオブジェ。その横にはエキスポタワーの一部と思われるボールジョイントがひとつ転がっている。柵越しに目の前にあるこれがエキスポタワーのキャビンのパネル12枚とボールジョイントでつくったというアートオブジェ、「タワー・オブ・ライフ」だった。

しかし、その作品が発表された当時の赤と白の配色ではなく、眩しいばかりのシルバー一色に塗られている。しかもボールジョイントははずされ外殻のみ、不自然に隅のほうに寄せられている。それはまるで打ち捨てられながらもその存在を主張する不思議な存在感を放ってそこにあった。
もしかしてこれはヤノベ氏が言うところの、熟れた果実がさらに時を経て、新たななぞめいた力を得て銀色に発光しているような異様な光景であった。もしかしてこのエキスポタワーの一部でつくられたオブジェは、ほんのちいさな破片になっても新しいストーリーをつむいでいるのではないか。
ヤノベ氏が言う世界中の廃墟を舞台にした「時間旅行」という再生への旅はまだ終わっていない、ということなのだろうか。




※当時の展示物の一部は敷地内にある万博記念館にて見ることができます。

story | permalink | comments(2) | -
comment
うわ!太陽の塔、大好きです。私も去年初めて現場へ行って、あまりの感動に回りをぐるぐる回り続け、写真を撮りまくってしまいました。完全にもう宗教的にやられました。拝みました。携帯ストラップももちろん購入(ミーハー)。後ろ姿も哀愁ありますよね。いつか内部に入ってみたいです。40年も前にこんなものを作っちゃった岡本さんは本当に天才というか、次元を超えてる感じですね。
万博公園の奥にある民芸館もなかなかオツでしたよ。私が行ったときはスリップウェアがいっぱいありました。時間なくて断念したけど民博も行きたかったなあ。変なところにあるけれど、あの公園は密かに盛りだくさんですね。
2009/02/28 8:56 PM by ezawa
ezawaさん
僕もぐるぐるしました。モノレールから塔が見えてきたときは、デカッて思いましたね。万博開催当時にはまさに宗教的儀式のようにあの塔のまわりにひとびとが集っていたんですよね。
民博良かったですよ。個人的にはむかしの科学館にあったような、個室映写室がしつらえられていて、そんなシステムがいまさらながら懐かしくひとりひたってしまいました。
民芸館は冬季休業中でした。ガラストビラ越しになかをのぞいたのですが、なんだか良さげでした。
千里ニュータウンも良かったです。
2009/03/02 8:41 PM by FORM