FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< DEROLL Commissions Series 2 : 日本史 | TOP | PROTOTYPE EXHIBITION 02 >>
食べることいきること  Marije Vogelzang


先日の夜、アクシスギャラリーで開催中のMarije Vogelzangのeating+design展のレセプションへ行った。以前にもこのblogで書いたことがあるが、マライエは食をテーマにデザイン活動をするオランダの女性デザイナー。彼女に興味をもったきっかけは、ドローグ、アイントフォーフェン、ヘラ・ヨンゲリウスという3つのキーワード。ドローグは彼女のクライアントのひとつであり、アイントフォーフェンはマライエが通っていたオランダのデザインアカデミー、ヘラ・ヨンゲリウスは彼女の師匠である。

会場についてまず目を引いたのは、ギャラリー空間を対角線に仕切る,何やら白い囲いだ。それはマライエを知る者なら察しがつくであろう、「シェアリングディナー」と題されたインスタレーション空間だ。
ご存知でない人のために念のため説明すると、ベンチが置いてあるのが見える細長いダイニングテーブルには、天井から吊るされた白いテーブルクロスがかかっている。
その白い布にはベンチに座ると、ちょうど顔と両手を差し込むことが出来る高さにスリット状の切り込みが入れられている。それに顔と両手を入れると目のまえのテーブルの上にディナーセットがあるという仕掛けだ。
だから、その白い布のなかに入ると周囲の一切の関係から切り離されることになる。目に見えるのは白い布のなかでともに食事をする、同じ状況のなかで食事を楽しむ人だけだ。実際に、友人2人とこのなかに入ってフードのインスタレーションを体験中に、すぐ後ろでマライエのレクチャーが始まったのだが、このなかにいると外の状況がまったくわからない。ここに入ることによって周囲の環境や出来事とある程度関係を断ちながら、純粋に食事と、ゲストとの会話を楽しめるという仕組みだ。
資料を読むと、実際にこのインスタレーションはそのような、周囲と関係を断ちながらも、ある程度外部とのゆるやかな関係を保持しつつ、食事をするということがテーマになっていると書いてあった。

マライエがロッテルダムの歴史博物館でおこなった、ある食にまつわる実験のエピソードを読んだ。それは実際に第二次世界大戦に参戦した兵士を対象にした、当時のメニューの再現というものだ。それを食べた戦争の当事者は、用意された料理を食べることで、当時の感情的な日々が蘇って来たという。
僕個人の体験からいえば、揚げパンやクリームシチューを食べると、義務教育時代食べた給食を思い出すように、そのように食べるということや味覚というものは、さまざまな記憶を含んでいる。「すいとん」を食べると、戦後の貧しい時代を思い出すなど、「食」は食材の歴史と、国民の固有の記憶や実際の歴史、そんなそれを食べる人の歴程をやすやすと連想させる力をもっている。
マライエがデザインするアートのインスタレーションのような、実際の食に不可欠なおいしそうとか、そそる感じから離れた、かわいいという即物的な印象は、実はそんな「食べるという行為」がはらむ人間の実存に結びついているのかもしれない。

この展示を見て、そんな歴史的背景を知ることはさておき、食はおいしく食べれなければ本当の意味での食ではないのではないか?なんて、そんな疑問をもつこともあるかもしれない。でも、食はつねに楽しみを提供するばかりではなく、さまざまな局面につきものであることをマライエは僕に思い出させてくれた。
肥満児が食べるダイエットメニューや、糖尿病をもつ人の食べ物はあまり美味しくないかもしれないし、プライベートのつらい状況下での一人寂しく食べる食事もある。人との別れの場にも食事はあるし、そんな思い出をたちきるための食事もあるだろう。けれどマライエが本展で見せてくれた「肥満児のためのコンセプト」という食のプロジェクトでは、「エネルギー」「友情」「信頼」など、食材を前向きなイメージをもつカラフルな明るい色に結びつけていて好感をもつことができた。それが実際に食欲をそそるレベルにあるのかどうかはさておき、楽しく食べることができ、かつバランスの良いダイエットメニューとしてうまく提案されていると僕は思った(実際にD'ont Touchとなっているにも関わらず,僕はあやまって手を出しそうになった)。

僕が勘違いしていたマライエのフードデザイナーという肩書きも、今回の展示をみて「イーティングデザイナー」として再認識することができた。
食べることは人間にとって日々の切実な問題だ。総中流化が達成され一見豊かな現代社会を実現した日本では、食べることに興味を持てない、そんな子供がいるなんて話を聞いたことがある。
そんな話を聞くと、人はそもそもなんのために、どんな目的を持って食べるのか?そんなことにも敏感になってくる。そんな現代社会において楽しく食べるためにデザインをしつづけるマライエは、食のアプローチから日常の問題解決を模索する、希有なデザイナーであることには間違いがない。


eating+design: デザインにできること2展 by Marije Vogelzang
2008年10月24日〜11月9日 AXIS GALLERY



笑ってます(笑)
food | permalink | comments(0) | -
comment