FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< 戦前の恩地孝四郎 | TOP | 最後の同潤会アパートメント >>
デザインとアートのバランス感覚
まち

本来デザインとアートにどのような違いがあるのだろうか?そんなことを考えてしまう。暮らしを豊かにすることは人々の、暮らしをいかにより良くするか、というデザインの努力によって成り立っていると思うし、アートはアートで個人的な想念の発露であり、それはまた個人がいかにより良く生きるか、という本質的な問いに結びつく。
そこには大衆と個人という違いこそあれ、本質的には大差がない。

デザインはアートのようにより自由になることを夢見ているし、アートはデザインのように大衆に認められることを夢に見ている。だれにも認められたくないようなアートなど存在しない。
だからこそデザインも今一度人々が今なにを必要としているのかを考えなければならないし、大衆の発想力を喚起するだけのものを生み出さなければならないと思うのだ。
FORM Word Archive | permalink | comments(0) | -
comment