FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< ...Konstantin Grcic...Odin. | TOP | ...Design Miami 2007...1. >>
コネクトオークションと中国現代アートオークション事情
コネクト

家具専門のオークション、コネクトオークションが26日に開催された。
第一回目開催ということもあり、前告知もさほどなかったので、来場者数こそいまいちであったが、オークション独特の緊張感がみなぎる良い会場であった。前日まで会場を埋め尽くしていた出品作品も整理され、オークションのために整理されたクエストホールには、来場者のための座席や、電話や当日同時に行われる海外からの入札者のイーベイ・ライブオークションのための電話やパソコンが設置されている。

一段高くなった壇上にはオークショニアのためのカウンターが据えられ、そのうしろの壁には出品作品を映し出すスクリーンが設置された。
最初のハンマープライスはチャールズ&レイ・イームズのCTM、かなりのレアものだ。コンディションも良い。15万円で相場と比べても安い。以降も結構値ごろ感のあるプライスでのハンマープライスが続く。そして今回のオークションの目玉商品のひとつ、アルキズームのサファリ・ソファ。60年年代の気分全開のこのソファが140万円で落札。そのほかにもざっと上げると、ジョージ・ネルソンのヴィンテージボールクロックが3万円、マーク・ニューソンのエンブリオ・チェアが35万円、アアルトのペンダント・ランプが11万円、フィン・ユールのイージチェアが20万円。これだけのミュージアム・ピースにしては安すぎるくらいのプライスで落札された。
これだけを見ても今後入札に参加してみたくなるのは必須だろう。しかし、それはものの値段だけではない。このオークションに参加する楽しみは、物が目の前で売れていくその高揚感にある。それはまた物を買うこと、そして売ることの新しい感覚をよびさます、エンターテイメントのひとつにもなるだろう。

物が公正な価格で取引されることは、売り手、そして買い手にとっても重要なメリットとなるに違いない。
家具専門のオークションがわが国において前例がないだけに、今回のオークションが一概に成功か不成功かを問うことは出来ない。ただ、会場で聞かれた賛否両論の意見をとっても、この試みが少なくとも保守的になりがちな家具というものの物流においての、新たな流れを生み出す可能性に満ちていることは疑いの余地がないだろう。一様に聞かれたのはこの始まったばかりのコネクトオークションへの、愛溢れる期待の言葉ばかりであったことを付け加えておきたい。

そんな感慨にひたっていた矢先、空前の好景気にわく中国の、コンテンポラリーアートの現状をレポートしていたテレビのニュース番組に釘付けになった。その番組のなかでは、中国の都市部から車で数時間離れた田舎町に、若手芸術家たちのコミュニティーが出来ている風景と、そこで暮らす芸術家たちの姿が映し出された。
そこで作品制作にに打ち込む若者たちは、そんな田舎町に住む理由を口々に、都市部と比べて格安な賃料で広いアトリエが借りられるという現実的なメリットをあげていた。

現在勢いのある中国の現代アートシーンの中心地といえば、北京の北東部郊外にある旧国営工場跡地一帯の「798廠」が有名だ。
中国都市部のアートオークション市場では、空前のアートバブルの中で、自国の若手作家の作品にも数千万円の値がついて取引される。あるギャラリーではコンテンポラリーアートだけで一晩の売上総額が48億円にも達したという。その反面一攫千金を夢見る若者の作品が初めてオークションに出品され、買い手がつかず、僅か5秒でパスされるという厳しい現実も浮き彫りにしていく。
しかしその空前のアート作品の高騰の理由も、その目的が作品の美的価値に基づくものではなく、将来の作品の値上がりを目当てにした、蓄財や投機目的だというから、そのような状況は20年前の日本のバブル期の状況とまるで同じである。
また空前のアートバブルの状況にあいまって、そんな田舎町にも土地の投機目的な業者の手が伸び、昔ながらの古い住居は立ち退きを余儀なくされ、裕福でない芸術家たちのコミュニティーも崩壊寸前、作品制作と暮らしの場所を追われるというリアルな風景もあった。

家具や物の取引がただ単に儲けや投機に終わらず、真に新しい物の流通と、新しいデザインの創造に生かされ、そのための家具やデザインを対象にするオークションそのものが一過性のブームに終わらないことを願うばかりだ。
art | permalink | comments(0) | -
comment