FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< アダム・シルヴァーマンと日本 .2. | TOP | ...活版再生展.. >>
..mingei 1. MINGEI X LANDSCAPE PRODUCTS.
民芸2

先日栃木県益子を訪れてから民芸について考えていた。
そもそも民芸をデザインと関連つけて考えるようになったのは、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるイームズ自邸に集められた世界中の工芸品に美しさを発見してからだろうか。
またその認識を決定つけたものは2003年に開催された「民芸とランドスケープ・プロダクツの出会い」展だった。アサヒビール大山崎山荘美術館で開催されたこのエキシビションは、民芸の創始者である柳宗悦の用即美(用の美)に発する民芸の運動により発見され構築された精緻な美の概念と、マン・メイド・オブジェクト(人の手が作り出した物)をコンセプトに世界中からの物のセレクトもする東京のファニチャーレーベル、ランドスケープ・プロダクツとの精神的なコラボレーションでもある。

そこでは民芸運動を支えた富本憲吉や濱田庄司、河井寛次郎、芹沢げ陝∪祥里らはバーナード・リーチらの作品。その他には当時リアルタイムに民芸の運動との人と物との有機的な関わりを持ったイームズやリーチ、ルーシー・リー、遠く北欧にあって民芸の作家たちとも関わりをもったヴィルムヘルム・コーゲやバートン・フリーバーグ、スティッグ・リンドバーグらの作品。

遠方ということもあり実際には訪れてみることはできなかったが、エキシビションに合わせて作成された図録を見ると、東洋の小さな、陶磁器文化のいささか遅れてやってきた日本という国に興った民芸運動を、西洋文化との関連のなかから捉えた、今から思えば少し早すぎた刺激的なエキシビションだったようだ。
mingei | permalink | comments(0) | -
comment