FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< theFLOWmarket..200pcs....2-1. | TOP | .Vika Mitrichenka...Grandmother's Treasures Grandfather's Predilection. >>
...art school...2...Konstfack..

150年以上の長い歴史を持つコンストファックと呼ばれる王立芸術大学KONSTFACK: University College of Arts, Crafts and Design.は陶芸や版画・ガラスといった工芸、家具・メタルワーク・建築といった広い意味での造形、その他にもグラフィック・デザインやテキスタイルなどの高等教育を行う機関として様々な教育プログラムが用意されている。中でも概念的な教育よりも、実際的な物作りのプロセスが重視され、ワークショップや校内に併設されたスタジオでの課題への取り組みが重視される点に於いて、物つくりをする一人の人間教育と豊かな育成が5年間の内で養われる。

卒業生には古くはミッド・センチェリー期のセラミック作品で知られるスティッグ・リンドベリやカリン・ビヨルクイスト、スウェーデンのコンテンポラリー・デザインを代表するデザイナーであるヨナス・ボーリンなどがいる。
スティッグ・リンドベリはコンストファックを卒業の後、グスタフスベリ製陶所に入社、同社のデザイン・ディレクターを務めるなどした後、校舎移転に伴い1958年より1970年までの12年間コンストファックで教鞭を執っている。卒業生が後に同校の教授に就任することも少なくな、くその意味でも優秀な人材育成を証明しているといえる。

コンストファックはスウェーデンに於けるミッドセンチェリー期を支える才気溢れる陶芸家達を数多く輩出した事にも注目するべきであろう。第一次大戦後ヨーロッパには人間の手仕事に基づく工芸を標榜するデザイン施設が幾つか生まれている。ドイツには1919年から1923年のグロピウスとイッテンがいた初期バウハウス、1930年代のアメリカには当時同国に亡命していたエリエル・サーリネンのクランブルックなど、当時の風潮を反映させた人間の手仕事の復権、合理的な豊かな生活に根ざした日常品の開発、そしてそれぞれの国独自のモダニズムの解釈に基づくデザイン運動が起こりつつあった。
school | permalink | comments(0) | -
comment