FORM_Story of design(... Kato Takashi weblog)

<< ...studio Job...paper furniture | TOP | ...Studio Job, Triumphal Arch..... >>
...Hella Jongerius...porcelain colour research...
hhpcr

今回のエキシビションの為に作られた作品は、ヘラ・ヨンゲリウスの色への好みを強調する赤とグリーンの釉と絵付け、それとグレイとブラウンの粘土が使われている
陶磁器に様々な変化をもたらす色の研究は、有史以来連綿と続いている人間の焼き物に対する憧憬の美的な観点に於ける重要な課題を秘めている。

磁器はふぞろいなエッジを与えられ、それがまさしく人の手の営みを経て作られた道具である事を強調するかのような荒々しさに満ちていながら、繊細な人間による計算に基づいたしたたかささえ備えている。
2006年の11月18日から2007年の1月18日まで、オランダにあるロイヤル・ティヒラー・マッカムのクラフト・ストアで開催されている展示は「Porcelain colour research」と名付けられ、今回のエキシビションの為のヘラ・ヨンゲリウスとTichelaar Makkumとの協働の コンセプトは、色についての綿密な調査に基づいた深い洞察から成り立っている。
そこにある色は明らかに強固な意志によって配色され、自然界の営みからは外れたところでの確固たる居場所を確保しているようにみえる。

それを見る者の想像力の有無をさえ試すかのような挑発的な素っ気無さに満ちた色。
素はヨンゲリウスのTichelaar Makkumとの今に続く長い協働の源になっている、ポーセリンB-setテーブル・ウエアである。通常より密度の低い中で高温で焼かれるその磁器は、窯の中でいびつに歪み、焼き物本来の不確定要素という魅力を強力に孕んだ野心的な作品である。

焼き物はそれが焼かれる土地とそこに根付いた風土を反映し、郷土の匂いを内包しながら時をかけて培われてきた歳月を恵みに、そこに暮らす人々の手によって丁寧に作られてきた。それだから焼き物にとってそれが作られる場所は重要性を帯び、それを捏ねる人間のエゴを超えたところで土着性を帯びてくる。
我々が焼き物に抱く底知れぬ魅力は、そんな人の手と知を離れたところでの大地の営みに対する畏怖の念に他ならない。
だからこそ今回のヘラ・ヨンゲリウスとTichelaar Makkumの色付けされた磁器に対する包括的なリサーチには、作品に対する愛着以上にマッカムという土地から掘り起こされた陶土や陶石に対する深い愛情と畏敬の念が感じられるのだ。


http://www.jongeriuslab.com/
http://www.design-italia.it/inglese/dettaglio.htm?tipo=news&idx=487

hella jongerius | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
comment
「大地の営みに対する畏怖」
それはひとえに「ものを作らないものつくり」という風にも考えられるかも知れませんね。
その土地に息づいた土壌、素材を利用してその素材のなりたい・なりえるものにならせる作業。
左官作業然り、自然農法然り・・・
それはまさに「人の手と知=作為?」というものが極力介在していないようにも思われます。
“作為”とはつまり「社会と自然との癒着在」なのかもしれませんね。
2006/12/11 1:07 PM by foo
foo様
コメントどうもありがとうございます。

元来、人が作る物はそれが作られる土地に根付いており、その時代その地域における人が手を掛け得る最大限の加工手段を以って使い易い道具に作り上げ、物として発展してきた経緯を持ちます。

しかし何時しか人は方法論に凝る余り手段を選ばなくなり、その出自にさえ目を向けなくなりました。

21世紀のデザインに出来る事はそのルーツに自覚的になる事だと思います。それは作りたいもののルーツであっても良いし、それが生まれる過程の個人的な思考の根源であっても良いと思います。言い換えばそれは想像力の事でもあり、それこそが危機的状況に直面した時の人間が取り得る有用な一つの契機になるのだと考えています。
2006/12/14 7:18 PM by Form










trbk URL
http://form-design.jugem.jp/trackback/137
trbk